遊園地・テーマパークの総合ニュースサイト | WONDER NEWS

2017年9月6日 ヴィンパールランド

島がまるごと…?!ベトナムの巨大テーマパーク「ヴィンパールランド」に行ってきた!〜エントランス・ケーブルカー編〜

ベトナムのビーチリゾート地「ニャチャン」。ニャチャン市街地から車で40〜50分、さらに港からケーブルカーに乗って10分ほど行くと、ヴィンパールランド(Vinpearland)があるチェー島にたどり着きます。

ベトナムにとんでもなく巨大なテーマパークがあった…?!

先月、ベトナムのビーチリゾート「ニャチャン」に訪れ、多くの観光客で賑わうヴィンパールランドに行ってきたので、そのとき撮影した写真などを交えながら、ヴィンパールランドの魅力をお伝えします。

ロシア・中国などからの観光客に人気のニャチャン

ベトナムと言えば首都のハノイや、商業都市のホーチミン、リゾート開発で盛り上がるダナン、また世界遺産のホイアンなどが有名です。今回訪れた「ニャチャン」はもともとベトナムがフランス領だったころにリゾート地として開発され、歴史ある観光都市として現在もさらなるリゾート開発が進んでいます。日本ではあまり紹介されていないので日本人観光客は少ないですが、地理的にはロシアや中国の方が訪れやすく、日本人にとってのハワイ的なノリでやってくる観光客が多いようです。現地のレストランでは、中華料理の影響を受けたものや、観光に来たロシア人が住み着いて開いたロシア料理屋、そしてフランス・ベトナム料理など、様々な国の文化が楽しめます。

ニャチャン空港は数年前に閉鎖されているため、ニャチャン市街地にはカムラン空港から車で(約1時間弱)。ホテルに手配してもらえば安く利用できるタクシーもあるはずです。

今回宿泊したのは「ザ コスタ ニャチャン」というホテルで、ニャチャンの中でも人気のあるビーチ沿いの大通りに面したホテルです。こちらのホテル、窓から美しい海が見えるのはもちろん、プライベートビーチも用意されているので、ゆったりと海を眺めながら日常を忘れてひたすらぼーーーっとできる上に、連泊すれば1泊1万ちょっとぐらいというリーズナブルさ。

そしてこのホテルの窓から見えるのが、ニャチャン名物の巨大リゾート「ヴィンパールランド(Vinpearland)」です。


ホテルから撮影した写真。海の向こうに見える左側の島が「ヴィンパールランド」

島が、まるごとテーマパーク

ニャチャンにはいくつかの島があり、現地のオプショナルツアーとしてスキューバダイビングやシュノーケリングを楽しめる絶好のスポットとなっています。ヴィンパールランドは、その島々のうちの一つ、「チェー島」をまるごとテーマパークにしてしまったという、なんとも破天荒な場所です。ベトナムの大富豪が作ったとか、ベトナムマフィアが作ったとかw

ヴィンパールランドの中には

  • 遊園地
  • 水族館
  • 動物園
  • 植物園
  • ウォーターパーク
  • ビーチ
  • レストラン
  • ホテル
  • テニスコート
  • ゲームセンター

などが展開されており、もはやなんでもあり状態…!

島に入るにはケーブルカーかフェリーを利用します。フェリーは1日に数回しか出ないようで、普通のお客さんは大体ケーブルカーで移動します。

朝から大行列。やはりここもロシア人・中国人の方が多め。家族連れが多かったです。チケット窓口が非常に混み合うのですが、タクシーの運転手さんに案内してもらうとエントランスの外の路上で販売しているお姉さんを紹介してくれました。入場料は80万VND(日本円で4000円ぐらい)です。

 

購入したチケット。入り口の受付で機会の中に入れてしまうので持ち帰りはできません。行列に並んでいたのは20〜30分ぐらい?さてここからケーブルカーへ。

 

めっちゃ楽しそうなポスター…!

 

ケーブルカーに乗車します。1台につき8人乗れますが、割りと余裕を持った人数で乗せてくれます。いざ、ヴィンパールランドへ!

 

乗車するときはゆっくりなんですが、出発するときいきなりギュンッて加速するのでビビります。

 

ケーブルカーから撮影した風景。このあたりは漁港なので、漁をしている船もたくさんいました。右に見えるフェリーはおそらくヴィンパールランドを往復する船。ここから10〜15分ほどかけて島へ。

 

チェー島以外にも島がいくつか見えます。現地のオプショナルツアーで島巡りがあるので、もしご興味があればぜひ。今回は時間がなくて行けませんでした。

 

ヴィンパールランドが見えてきました。観覧車とかお城が見えます。左の方にはビーチも。ちなみにこれぐらいのとき、結構高くて怖いですw

 

ヴィンパールランドが開業したのは2007年。それからずーっと島のあちこちで新しいアトラクションが開発され続けています。ディズニーランドと同じですね。現在開発済みのエリアは島の4分の1ぐらいじゃないでしょうか?ケーブルカーからは工事中のお城が見えました。あれ?これってハリー○ッターじゃないですよね…?(ちなみにホーチミンのスィティエン公園というところにはハリー○ッター風のお城がある)。この写真の左上の方に少しだけ白い文字が見切れていますが、「Hollywood」風に「VINPEAL」って飾りがあります。

こんな感じっすね。

 

ケーブルカーが無事に到着!かわいい?動物のキャラクターが出迎えてくれます!目が、目がめっちゃメッシュで怖いよ!!!ペンギンなのにやたら足が長いよ!!!

ヴィンパールランドに到着…降り立ったそこは…遊園地!

さて、市街地からヴィンパールランドまで約2時間弱…ついにたどり着いたわけですが、そこにはなんと…?

続きはこちらから

ケーブルカーを降りるとまずは遊園地!ベトナムの巨大テーマパーク「ヴィンパールランド」に行ってきた!〜遊園地編〜

レジャー・アミューズメント情報は

yoshikikoji この記事を書いた人:小島 芳樹
Webやスマートフォンアプリによるサービスを開発・提供する会社で働いています。
Twitter: yoshikikoji