遊園地・テーマパークの総合ニュースサイト | WONDER NEWS

2017年9月11日 ハウステンボス

長崎・佐世保のハウステンボスリゾート公式ホテル4つを紹介します

ハウステンボス周辺にはいくつかのホテルがありますが、公式で営業しているのはリゾートホテルヨーロッパ、ホテルアムステルダム、フォレストヴィラ、変なホテルの4つです。それぞれの特長を調べました。

ハウステンボス周辺にはホテルがいくつかあり、リーズナブルなものから高級ホテルまで様々な種類のものがあります。この記事ではハウステンボスが直営で営業している公式ホテル4つを紹介します。

目次

リゾートホテルヨーロッパ


こちらのリゾートホテルヨーロッパは公式ホテルの中でも一番最高級クラスのホテルです。上質をとことん追求したプレミアム感が満載。アムステルダムにある100年の歴史を持つ同名のホテルをハウステンボスが再現しました。宿泊者専用のチェックイン・チェックアウトクルーズをはじめ、365日毎晩開催されるホテルヨーロッパコンサート、和食・洋食のレストランなどがあります。お値段は24,100円〜、広い部屋だと5万前後の予算感になっています。
公式サイト

ホテルアムステルダム


とにかくハウステンボスで遊びまくりたいのならホテルアムステルダムが便利。このホテルはハウステンボス内にある唯一のホテルだからです。まるでハウステンボスで暮らしているような気分を味わえるホテルアムステルダムは、プロジェクションマッピングなどが上映されるアムステルダム広場から徒歩1分。またホテル内のレストランには九州の食材を使ったブッフェ形式のものや、ヨーロッパの街並みを味わえる路上に面したカフェなどがあります。お値段は¥8,000円〜、週末や年末年始は4〜5万ぐらいの予算感になります。
公式サイト

フォレストヴィラ


森に囲まれたコテージ型のホテルがこちらのフォレストヴィラ。別荘感覚で過ごせるため、長期滞在にもオススメ。また犬の連れ込みが可能になっているので、なかなか家に犬を残していけないという方にも最適。湖の中に浮かぶ島の中にあるタイプ、湖沿いの森に囲まれたタイプ、そして犬の連れ込みができるタイプと3つの中からタイプを選ぶことが出来ます。お値段は¥8,000円〜で、ホテルアムステルダムと同様に週末や年末年始は4〜5万ぐらいの予算感になります。
公式サイト

変なホテル


最近、公式ホテルの中でも話題に事欠かないのがこちらの変なホテルでしょう。フロント業務や荷物運びをすべてロボットが行う世界初のロボットホテル(ギネスにも認定されている)。実は佐世保だけではなく、愛知のラグーナテンボスやディズニーのある浦安にも同様の形態で展開しており、今後さらに日本国内外に出店予定なのだそうです。接客をロボットがするだけでなく、顔認証システムによるキーレス滞在の実現など、とても実験的なホテルになっています。料金は約¥8,000~で、週末は3万円ぐらいの予算感になります。
公式サイト

周辺の公式ホテル以外も充実

ハウステンボス周辺には

  • ホテルオークラJRハウステンボス
  • ホテル日航ハウステンボス
  • ウォーターマークホテル長崎

などがあり、ハウステンボスを中心として、大変充実したリゾート空間が展開されています。

レジャー・アミューズメント情報は

yoshikikoji この記事を書いた人:小島 芳樹
Webやスマートフォンアプリによるサービスを開発・提供する会社で働いています。
Twitter: yoshikikoji