遊園地・テーマパークの総合ニュースサイト | WONDER NEWS

2017年9月19日 アクアパーク品川

アクアパーク品川の花火アクアリウムは10月1日まで。夏の最後の思い出に、最高のイルカショーを

アクアパーク品川で開催中の「花火アクアリウム by NAKED」が、いよいよ残りの期間10月1日までとなりました。プロジェクションマッピングを利用した演出は、思わず息を飲む美しさです。

品川駅から徒歩2分の水族館「アクアパーク品川」で、夏季限定にて展示されていた「花火アクアリウム by NAKED」

7月8日から展示されていたこちらですが、いよいよ10月1日に終了。残りあと僅かだったので行ってきました!

エントランスからさっそく花火のプロジェクションマッピング

チケットを持って入場すると、さっそくプロジェクションマッピングによる演出が。

床には打ち上げ花火が映し出され、水槽の中にも花火が。カラフルな和傘も演出に彩りを加えます。みんなここでインスタ映えする自撮りしてました。

入り口を通り過ぎるとLED花火のトンネル

こちらはぜひ動画をごらんください。LEDで花火が描かれ、終わらない花火が次々に咲いては散っていきます。

日本の夏といえば金魚。花火と金魚のコラボレーション

夏の夜を思わせる、どこか懐かしい雰囲気。幻想的です。

金魚の水槽に花火が映し出され、見事な色のコラボレーション。

期間限定のカクテルも

横長に面積のある水槽。柱には大きな打ち上げ花火が映し出されています。こちらの水槽も和傘がキレイ

夏を感じさせるカクテルを出してくれる特設のバーも。水槽が埋め込まれたスタンドテーブルで魚を見ながらドリンクを楽しめます。

クラゲと花火が見事に融合

ここもとってもフォトジェニックでした。写真をたくさん撮ったのですが、その中から一部を紹介。

静かな夜。明かりがぼんやりとついて、クラゲを照らします。まるで深海の中にいるよう。

花火の音が聞こえ始め、次々に爆発音が。フロアが明るくなります。

カラフルな照明のパターンも。ふわふわと浮かぶくらげが幻想感を引き立てます。

イルカショーはデーバージョンとナイトバージョン

イルカショーはデーバージョンとナイトバージョンがあります。

デーバージョンはびしょ濡れ覚悟で。水浸しになりに行こう!

もともとアクアパーク品川の一番のウリはこのびしょ濡れになるイルカショー。昼間に開催されているイルカショーについては前方の3列ぐらいは海水をかぶること必至。調子がいいときは5〜7列目ぐらいまで水しぶきがとびます。現在上演中の演目は「いろはにぽっぷ!」。和とロックが混じり合ったようなノリノリの音楽でイルカたちがバンバンジャンプして、水しぶきを撒き散らします。

ドーム状の会場の中央には筒状に滝を排出する装置が。きれいな模様を生み出します。

ジャンプがとにかく高い。水際でバシャバシャと尻尾を水面に打ち付けてお客さんに水をかけるサービス?も

ナイトバージョンはしっとり、プロジェクションマッピングによる花火の演出も

ナイトバージョンは前方でもあまり濡れない演出になっているので安心して近くでイルカたちを見ることができます。照明とスモーク、そしてプロジェクションマッピングを交えた演出が、まるで魔法のような空間を生み出します。

暗くてわかりづらいですが、花火が滝に映し出されています。

滝、照明、スモーク、プロジェクションマッピング、そして最高のチームワークのイルカたち。

ダイジェストムービーを編集しましたのでぜひ!

残りあと数日。10月2日からのアクアパーク品川は?

10月2日からイルカのショーは「Oooooh!(デーバージョン)」「水光接天(ナイトバージョン)」に切り替わります。

さらに10月8日からは女子高生ボーカルユニット「Little Glee Monster」とのコラボ「AQUA GROOOOOVE!!!!!」が開始。まだ詳しい内容はわかりませんが、またレポートしたいと思います!

レジャー・アミューズメント情報は

yoshikikoji この記事を書いた人:Wonder News編集部