遊園地・テーマパークの総合ニュースサイト | WONDER NEWS

2017年8月30日 

ジェットコースター速度ランキングTOP5!【日本】

ジェットコースターの速度によって怖さは変化するもの。そこで、今回は速度別に日本のジェットコースターをまとめてみる。富士急の『ド・ドドンパ』や『○○』など人気の乗り物が上位を独占するのか?それともマイナーだけどすごい一台があるのか?酔うなど苦手な人はこのジェットコースター・ランキングTOP5で仕組みを知ると、少し楽になるかもしれない。

5位 バンテッド【よみうりランド】

5位はよみうりランドの『バンテッド』。時速は110km。1988年の建設当時は最高速度で世界最高記録を打ち立てた。森の中を疾走し、凹凸のある地形に設置されていることが特徴。乗車中の景色にも目を見張るものがある。ロケーションコースターとしても人気だ。歴史あるジェットコースターを体験してみるのもいいだろう。


最高速度:110 km
全長:1,560 m
最高部:51 m
身長制限:120以上
料金:1000円

よみうりランド
〒206-8725 東京都稲城市矢野口4015-1
公式サイト
バンテッド
Twitter

4位 タイタンMAX(マックス)【スペースワールド】

4位はスペースワールドの『タイタンMAX(マックス)』。時速は115 km。車体を覆っているボディーカバーを小さくすることで、凄まじい開放感・浮遊感を生んでいる。また、『タイタンMAX(マックス)』は乗車時間中に5曲の音楽からBGMを選択することが可能。乗りながら音楽を楽しめるというコンセプトも好評を受けた。惜しまれつつも、スペースワールドは2017年12末日に閉園が決定しているため、早めの乗車を推奨する。


最高速度:115 km
全長:1530 m
最高部:60 m
料金:1000円

スペースワールド
〒805-0071 福岡県北九州市八幡東区東田4-1-1
公式サイト
タイタンMAX
Twitter

3位 ええじゃないか【富士急ハイランド】

3位は富士急ハイランドの『ええじゃないか』。時速は126km。日本史上初、世界で2台目の4次元ジェットコースターであり、総回転数14回はギネス記録を作っている。その性能なら来る『ええじゃないか』の怖さは失神寸前・気絶しそうというワードがSNSに飛び交うほどの破壊力を見せている。そのため、日本一怖い絶叫マシン『ええじゃないか』という言葉もあるほど。キャッチコピーは「前後左右、東西南北、驚天動地の大回転」。


最高速度:126 km
全長:1,153 m
最高部:76 m
身長制限:125 – 200 cm
料金:1000円

富士急ハイランド
〒403-0017山梨県富士吉田市新西原5丁目6番地1号
公式サイト
ええじゃないか
Twitter

2位 スチールドラゴン2000【ナガシマスパーランド】

2位は三重県桑名市のナガシマスパーランド『スチールドラゴン2000』。速度は153km。2000年8月1日開業当初は、最高部高度、最大落差、最高速度、全長でギネス認定された。現在は全長のみだが、巻き上げ式のコースターとしては世界一という記録は揺るがない。2013年3月15日に車両がリニューアルされた今のキャッチコピーは「脚がブラブラ絶叫度200%~♪」。

最高速度:153 km/h
全長:2,478.9 m
最高部:97.01 m
身長制限:140 – 185 cm
料金:1000円


ナガシマスパーランド
〒511-1192 三重県桑名市長島町浦安333
公式サイト
Twitter

1位 ド・ドドンパ【富士急ハイランド】

1位にランクインしたのは富士急ハイランドが2017年7月5日にメディア公開したジェットコースター『ド・ドドンパ』。速度は180km。その通称は「加速度世界No.1コースター」。リニューアル前の『ドドンパ』の時速172kmから8km引き上げられるなど注目を集めた。また、一般公開後翌日にコース上で停止する事故が発生している。※翌々日となる18日に運転再開済み。かなり、いや絶対怖いので、乗車の際は覚悟を持ってのることを推奨する。

最高速度:180 km/h
全長:1,244 m
最高部:49 m
最大加速度:3.75
身長制限:130 cm 以上
年齢制限:~64歳
料金:1000円


富士急ハイランド
〒403-0017山梨県富士吉田市新西原5丁目6番地1号
公式サイト
ド・ドドンパ特設ページ
Twitter

以上が日本のジェットコースター速度ランキングTOP5だ。「速ければ速いほど怖い」というわけでもない。そんな声もあるがジェットコースター選びの参考にしてほしい。

レジャー・アミューズメント情報は

yuki この記事を書いた人:川野 優希
採用人事を経験後、求人広告制作を歴てエンジニア向けWebマガジン『エンジニアtype』の編集者へ。その後、エンタメ系企業にてプロダクトマネジャーを経験後、フリーランスとして独立。
Twitter: yuki