遊園地・テーマパークの総合ニュースサイト | WONDER NEWS

2017年9月5日 鉄道博物館

鉄道博物館、リニューアル第一弾として「鉄道ジオラマ」オープン。2018年全館改装に向けての動き

さいたま市大宮区にある鉄道博物館が2018年夏を目処に全館リニューアルを進めています。2017年7月にはその一部として「鉄道ジオラマ」がオープン。「鉄道文化ギャラリー」や「トレインレストラン日本食堂」などの新しい展示もオープンしました。

JR東日本が運営する鉄道博物館が、2018年夏に向けて全館リニューアルを行っています。現在は一部の展示が工事のため見れなくなっており、2017年7月から徐々に新しい展示が公開されています。

模型鉄道ジオラマ「鉄道ジオラマ」がリニューアル

ご覧の通り、美しくリニューアルされた鉄道ジオラマ。細部までこだわり抜かれた模型にびっくり。客席との間にあった仕切りガラスが撤去され、展示物がより間近に感じられるようになりました。線路の総延長は1,200mにもなるそうです。

新展示その1「鉄道文化ギャラリー」

鉄道に関する様々な資料が展示されているこちらのコーナー。文学・映画・音楽・絵画作品から駅弁・駅そばといった「食」についてなど、あらゆる面から鉄道の文化を紹介しています。

新展示その2「トレインレストラン日本食堂」

食堂車をイメージしたトレインレストラン日本食堂もオープン。寝台特急カシオペアで出されていたメニューが食べられるとのこと。また寝台特急「北斗星」で実際に使用していた食器も使われています。

てっぱくひろばや183ランチトレインが閉鎖中

てっぱくひろばは2018年夏まで、183ランチトレインと駅弁屋さんがも10月までは工事により閉鎖中とのこと。リニューアル完成まであと約1年、次々に公開される新しい展示に目が離せません!

レジャー・アミューズメント情報は

yoshikikoji この記事を書いた人:小島 芳樹
Webやスマートフォンアプリによるサービスを開発・提供する会社で働いています。
Twitter: yoshikikoji